varldsbutikerna公式見解!モットンマットレスの優位性と効果

【高反発マットレス、モットンのメリット&デメリットとは?徹底調査!】

今、話題になっているモットンというマットレスはご存知でしょうか?

ネットや口コミでは「腰痛に効果があった!」や、「寝返りが楽になった!」など、たくさんの効果実感の口コミが寄せられているようです。

モットンは高反発マットレス。ちょっと硬めのマットレスですが、体が沈みこみすぎないため、ほどよく体を支えてくれるのが特徴です。

そのため、寝ているときの寝返りを体の力を使いすぎずに自然に行えるのです。

腰痛や肩こりがよくなったという声は、この「自然な寝返り」が行えているからだといわれています。

そんなモットンにはデメリットはないのでしょうか?今回は「モットン」のメリットとデメリットを徹底調査します!

《そもそもモットンはどんなマットレスなのか?》

マットレスには低反発と高反発の2種類が主にありますが、モットンは高反発マットレスです。低反発マットレスが寝たときに体を包み込むように沈む構造なのに対して、モットンは寝たときに沈み込まずに反発することで、寝ているときの姿勢を整えるような構造になっています。

特に日本人にあわせた反発力にこだわっていて、欧米人より筋力の少ない日本人でも自然に寝返りが打てるように製造されています。

また、高反発マットレスというと硬いというイメージがあるかと思いますが。モットンはその人の好み
によって硬さが3種類から選べるようになっています。この構造や硬さが選べる点が、他の高反発マットレスとの違いになります。

より寝るときの体にかかる負担が軽減されるように、体全体をバランスよく持ち上げて、理想の睡眠時の姿勢が保てるようになっていることもモットンの魅力です。

《メリットその1 腰痛対策のマットレス》

そんなモットンのメリットとして、一番に上げられるのが腰痛対策のマットレスとして製造されていること。先ほど、モットンの特徴としてもあげましたが。
モットンは通常のマットレスよりも、女性や老人、力が少ない人でも自然で簡単に寝返りが打てるように設計されています。そのため、寝ているときに余計な力を使わずにすみます。モットンジャパンはその点もこだわりぬかれて作られています。

すでに腰痛を患っている人にとって、睡眠時の寝返りに使う力が大きくなるとより腰痛を悪化させる原因となります。その点、モットンマットレスは少量の力で寝返りが打てるので、負担を減らすことができるのです。

さらに、体圧を分散させる構
造や反発力により、理想的な姿勢を保つことができます。このことは体の歪みを治すことに繋がっており、たとえるなら寝ながら整体を受けているように腰痛自体にも効果があるというわけです。

《メリットその2 耐久性があり、長持ちする》

メリットその2は、低反発マットレスや他のマットレスよりも長持ちするということ。モットンはシングルサイズで59,800円(税込)と、ちょっと高い価格設定です。しかし、モットンの試験結果によると。約8万回の圧縮を行ってもへ
たる確立が他のマットレスよりも低いという結果が出ています。

この結果は約10年使ったとしても、ほとんどへたらないということです。さらにモットンはウレタンフォームが原材料として使われていますが、通常のウレタンフォームではなく宇宙飛行にも使われている特殊なものを使用しているので、より持続力があるというわけです。。

マットレスは安いもので5,000円ぐらいから購入できる時代になりましたが、1年ぐらいでダメになってしまうことも多いのが現状です。このことを考えると、多少最初の出費が高くなってしまっても、モットンを購入したほうがお得だといえます。

《メリットその3 通気性が良い》

通常のウレタンフォームといえば、通気性が悪いという欠点があげられます。万年寝床の人は、マットレスにカビが生えてしまったという人もいるぐらいです。

しかしモットンは素材作成の際に、発砲する泡を調整しています。そのため、通気性が他のウレタンフォームのマットレスよりも高くなっているんです。
さらに通気性が良いということは、寝ているときに蒸れずらくなります。寝ているときの不快感が減るだけでなく、カビが生えてしまうという心配もありません。

《メリットその4 返金保証がある》

モットンはネット販売限定商品です。そのため、試してから購入することができません。

しかし、その代わりに90日間の返金保証が付いているんです。マットレスの効果を感じるまでには1か月ぐらいかかるといわれていますが、モットンの場合1ヶ月試してみて合わないと感じたら、返金することができるのです。
安くない買い物なので、これは大きなメリットだといえます。

《モットンのデメリットは?》

そんなモットンですが、デメリットも少なからずあります。まずは、臭い。届いた瞬間に「なんかくさい・・。」と思うかもしれません。これは特殊なウレタンフォームを使っているのと、密封状態で届くことが関係しています。しかし、数日おけば臭いが消えるそうなので何日間かの辛抱というところでしょう。

また、季節によって寝心地が変わってしまうのはデメリットといえます。というのも、ウレタンはそもそも温度によって変化する素材だからなんです。夏場や冬場など、気温によってはモットンの寝心地が変わってしまう可能性があります。

また、ウレタンの特性から通常のマットレスと違い、天日干しや水洗いはNGとされています。今までマットレスを洗っていた人からすれば、最初は慣れないかも知れません。

このようにモットンにはデメリットもありますが、慣れて来れば特に問題はないかと思います。それよりも体に及ぼす良い影響のほうが期待できるので、すでに体の痛みで悩んでいる人にはモットンはオススメのマットレスといえます。

買ってよかった、マットレス!マットレスの購入まで

昔からベットで眠る生活ではなく、真綿の布団を引いて朝起きたら押し入れにしまうと言うスタイルでした。
しかし真綿だと片づける時に以外と重く、眠る時も質感などがイマイチ自分に合っていないのだと思っておりました。
湿気も吸いやすいのですが、日向に干した日の夜は寝心地はとても良いと思っておりますが、毎日干すことは天候などの影響や面倒なことで現実的ではないのでたまにしかできません。

そのうち何とかしなければいけないと思いつつも時間だけが過ぎて行くのですが、環境が変わる時が寝具を変える転機となるのです。
私自身が引っ越しして一人で暮らすに当たりベットにしようかマットレスにしようかと悩みました。
真綿は初めから候補に挙がってはおりませんでした。
ベットは安いものからとても高くて手が出せない物まで幅がありちょっと店で寝転んだくらいでは良さが分からず、店員さんに聞いても実際に幾日か寝て見ないと良さや悪いところ、出せる金額がまとまりません。

ただわかったことは夜中にトイレに起きた時や朝起きる時も床から起きるのではないので起きやすいことくらいでした。
その一方でマットレスの比較検討は数千円から数万円と金額的にも出しやすく、万が一間違った買い物だとしても数年使えば買い変えられるのだと納得してマットレスに決めました。

その中でもどのマットレスにするかはやはり悩みます。
ある程度ふかふかしたほうがよい気がしますが、姿勢の問題もあるのである程度反撥した弾力がよい気もします。
マットレスはベットと違って試しに横になれないことが多く、質感を手で確かめる位ですが、どうせならコマーシャルなどで見聞きしたことがある西川のムアツ布団に興味を持つことになりました。

結果、買ってよかった!マットレス!

店員さんからの評判も良く、お客さんの中でも西川のムアツ布団を長年使い、買い替えの際も同じものを購入している人も多くいるようでしたので、ちょっと予算を超えましたが他にこれといったものもなく、数年使って元をとればまた違うものを買えばよいという気持ちで購入して使ってみることにしました。

そのまま家に持ち帰り夕食後に早速横になって見ることにしました。体が疲れているせいか体の重力がマットレスに吸いつく感じがしてくるのがわかります。
数分もしたら眠りについてしまいそうな寝心地です。

体がマットレスに吸いついている中、何とか体を起して改めて歯を磨き、本当の睡眠に就こうとしたときに他のマットレスにしないでこのマットレスにして本当によかったと思いました。

来客用として準備すべきマットレスのタイプは?

自宅に用意しておくべきマットレスの数で深刻に悩むケースというのは殆ど無い筈。少なくともそこに暮らす人の分だけ揃っていれば何ら問題は無く、それを適宜買い替えてゆけば十分でしょう。

ただ私の様に自宅に頻繁に肉親や来客を招き、しかもかなりの割合で自宅に泊めるというケースも出てくるとなれば、少々話が変わってきます。
もちろんマットレスは家族分だけでは足りなくなる事も想定しなければならず、少し余剰分を準備しておかなければならないのです。

家族分、特にベッドを利用する子供の分はほぼ固定の本格的なマットレスとなりますが、私と妻は寝室に直接布団を敷いて寝るものですから、折り畳み式で持ち運びに優れるタイプのマットレスを利用しており、これと同じタイプのマットレスを2,3枚余分に購入し、来客に備えているという具合です。

泊り掛けの来客が訪れるのは圧倒的に夏祭りの期間と正月休みに集中しており、兄弟が子供を連れ遊びに来るというケースがメイン。
大人同士であれば話題に花を咲かせつつ、多少無理して深夜早朝まで起きていられる事もあるのですが、一方帯同してきた子供は眠気には勝てず、しっかり眠ってもらう必要があります。
そこで準備していた余剰なマットレスが活躍するという訳です。

暑い夏場なら空いた部屋にエアコンを効かせ、マットレス1枚を敷いて寝てもらう格好になりますし、正月休みなら掛け布団を厚めにして暖かくしてあげる程度で十分。
基本的にエアコンで温湿度を適度に調整してあげれば、マットレスや掛け布団の数に対しそれ程神経質にならなくても良い感じです。

来客用のマットレスは出番こそ大変少ないものの、多少ラフに使って汚れや破れが出ても痛くない様、自分達が利用するよりかは若干グレードを落とした製品を使っています。
それでも反発力や寝心地に関しては全く問題無く、数日程度であれば十分満足してもらっているのです。

最近の来客用マットレスはエアで膨らませられたり専用の枕が付属してきたりと大変利便性が高くなっており、それらを通販サイトやホームセンターで見る度魅力的に感じています。

現在利用しているのが実にオーソドックスな6つ折りタイプ。
まだまだ汚れや破れも少なく、あと数年は利用可能だと思うのですが、早くも次買い替えるならどれにすべきかあれこれ考えている状態。
その頃になれば更に便利なタイプも出て来るでしょうから、今は我慢のし時ですね。
むしろ自分達が普段使っているマットレスの方が古くなってきており、そちらの買い替えを検討すべき時に来ているのです。

ソファーベッドタイプに替えて得た幾つもの利点

マットレスとして最も活躍の幅が広く便利だと思うのはやはり、普段使いも可能なソファーベッドタイプ。
特に1人暮らしでリビングが寝室も兼ねているというケースは大変。
寝る時は押入れから出して敷いてメイキングまでしなければならない一方、朝は支度で時間が無い中畳んで押入れに突っ込むといった労力が必要となってくる訳で、その点常にそこに出したままでいられるソファベッドというのは、毎日の生活の中で最も大きなアドバンテージだと思うのです。

現在ではサイズもシングルとダブルから選べ、1人でも就寝時は大の字になりたいというのであれば欲張ってダブルを選べば良いですし、ルームメイトとシェアしお互いのプライバシーをある程度保ちたいというのであれば、シングルを数個組み合わせ利用するといった方法もありでしょう。

ソファベッドのもう一つの利点として、普段使いにも十分快適性を感じさせる触り心地の良い生地を採用している、という点が挙げられるでしょうか。
単純なコットンやリネンもありますが、滑らかな肌触りが特徴的なスエードやコーデュロイは肌の露出が多い夏場であっても安心して横になれ、熟睡が可能なもの。見た目の高級感も十分に確保されているので、突然の来客時も安心して迎え入れる事が出来るのです。

元がソファで、マットレスとしては変形させて使うという利用法もあり、こうした製品には大抵同じ生地やクッション性能を持つ枕が数個セットで付いてくるもの。
大きさも十分あり、ソファとしては背もたれのクッションとして、また就寝時には枕として活躍してくれるのは嬉しいものです。
もちろんダブルなら2個付いてきますから、狭い部屋でカップルで利用する際にも大変便利ですよね。1人でダブルを利用する際も1個は敷き枕として、また余ったもう1個は抱き枕として転用させる工夫も可能でしょう。

贅沢なベッドで健康的に

私自身比較的身長が高く、シングルでは少々狭さを感じる事が分かったので思い切ってダブルのソファベッドを購入。結果的にこれは正解で、床にマットレスや布団を直に敷いていた頃よりも断然ベッドメイクが楽になった他、マットレスとしてのクッション性能もはるかに向上し、疲労感無く熟睡出来る様になりました。
お腹に何か軟らかい物が当たっていないと安心して寝られないタイプで、これまではうつ伏せ寝がメインだったのですが、このソファベッドを購入してからは余った枕を抱き枕として利用出来る様になり、就寝時の姿勢にも無理が無くなり更に健康的になったと感じています。

ペット用のマットレスは犬猫に気に入ってもらえる事を第一に考えて

今やマットレスを利用し心地良く睡眠を取るのは何も人間だけではありません。
自宅内に放し飼いしている犬猫の一部は人間用のマットレスを上手く利用し寝ているケースが良くありますし、現在ではその習性を逆手に取り、犬猫用のマットレスを開発・販売しているペット用品メーカーも存在している程です。

もちろん長期的に考えれば、犬猫といったペットを頻繁に人間用のマットレスの上に上げるのはリスクが伴います。
言うまでも無く彼等をマットレスに自由に上げる事により臭いや汚れが付着し易くなり、それらに対するケアが大変となるのは目に見えているからです。

大丈夫という人は大丈夫なのでしょうが、それでも高級なマットレスを愛犬や愛猫に汚されてしまってはやるせなく、それならば早目に対策を講じ飼い主・ペット共にハッピーな環境を築きたいところでしょう。

となれば当然、犬猫用の寝床とマットレスを購入・整備しそれに慣れてもらうという方法が一番なのですが、最近ではそういったペット用品の専門店やコーナーが身近に増え、専用マットレスも大変購入し易くなったものです。
近所を探せばホームセンターのペットコーナーにその様なアイテムが揃っていますし、街中のペットショップも然り。
むしろ犬猫用のマットレスの種類の多さに驚かされるケースが多いと思います。

犬猫用のマットレスの選び方

前に書いた様に、犬猫用のマットレスに求められるのは臭いや汚れに対する強さ。優れた防臭機能やある程度ラフに何度も洗濯しても問題無い生地の丈夫さ、そして更に付け加えるならそれらのケアを経ても相変わらず犬猫に気に入ってもらえる居心地の良さ、といったところが条件になるでしょう。

犬猫は得てして自分の臭いの付いたアイテムや寝床を大事にするもので、あまりに綺麗にマットレスを洗ってしまうと嫌気がさしてそのご利用しなくなってしまう、といったケースも少なからず出てきてしまいます。

ですから、そのリスクを避ける為に洗濯の頻度を多少減らしても、十分な清潔感を保ってくれる防臭機能や清潔性の維持を際重視しマットレスを選んだ方がベターでは無いでしょうか。
犬猫用のマットレスの中には、いわゆるちぐらや小屋といった閉じた空間内にぴったり収まるセットアイテムとして販売されているケースも少なくありません。
特に狭いスペースを好む猫には最適なアイテムであり、広々としたマットレス単体よりも好んで利用してくれる傾向があるものです。

ペットが活動する部屋のスペースや他の家具との配置関係、あるいはデザインの統一性を考えて選ぶと、それらの買い物も楽しくなるでしょう。

重厚なマットレスは処分の手間も十分考慮に入れて

不要となったマットレスをどうやって処分しようかと考えた時、結構悩むものです。

明らかに経年劣化が激しく、あとは廃品処分しか考えられないという状態となってしまったマットレスであれば、キッパリと決断し廃品回収業者に処分を依頼したり自ら処分場に持ち込むといった廃棄方法が取れるもの。

ですが色々な事情で使うに使えず、長年寝室の隅や押入れに保管し続けていたマットレスの場合は傷や劣化も殆ど無く、当然廃品回収に出すのは勿体無いもので、結局譲る人間が周囲にいない際は無理してでも中古買取してくれる業者を探す事となってしまうのです。
もちろん図体の大きなマットレスとなれば持ち運びも大変で、幾らお金になるとは言え中古買取さえ作業が面倒臭く感じられてしまうものです。
私もかつてベッド用の比較的新しい中古マットレスを所持していたのですが、後から買った直敷きタイプのマットレスの使い心地に負けて出番も全く無くなり、どうやって処分し部屋の空きを作ろうか悩んでいた事がありました。

マットレス処分に頼ったのは

ただその時は引越しにも役立つ出張買取専門のリサイクルショップを見付ける事が出来、電話依頼した結果、業者が快く案件を了承してくれ、すぐさまスタッフが駆け付け、重いマットレスを買取り、運び出してくれたのでした。
買取価格は特筆する様な高額ではありませんでしたが、一時期どうすべきか悩んでいただけに、大変助かった記憶があります。

比較的小さく折り畳みが利き、持ち運びにも便利なマットレスであれば処分法は幾らでも思い付きますから、消耗品となるのは承知でガンガン利用出来るものなのですが、一方ベッドに敷く様な本格的なスプリングマットとなるとそうもいきません。
前述の様に重厚で構造も複雑、細かく畳めない上に持ち運びにも不便とあれば、一旦購入したら少しでも長期間安定して利用出来る様心掛けていかないと、定期的な処分で大変な思いをする事となってしまいます。

利用する時はかならず上に敷き布団を敷いて汚れない様しっかり保護し、また利用しない時でも陽の当らない部屋や押入れにきちんと収納し、日焼けや生地の劣化を招かない様にする必要があるでしょう。

もしくは予め処分の手間を考慮に入れてあえてベッドの導入を避け、マットレスや布団は全て直に敷くタイプを導入し、日々きちんとメイキングを行う癖を付ける、というのもありだと思います。
日々が忙しい1人暮らしには向かない方法かも知れませんが、それらの作業を習慣化させれば意外と問題にならないケースも多いのです。